注目情報

一覧へ戻る

開催に向けた取り組み

第68回全国植樹祭カウントダウンボード点灯式を行いました。

第68回全国植樹祭の開催まであと235日となった10月5日(水)、大会の県実施本部の設置を受けて、全国植樹祭の開催機運をより一層盛り上げるため、県庁正面玄関に開催までの残り日数を表示するカウントダウンボードを設置し、点灯式を行いました。
とやま水と緑の大使の発声で、県実行委員会会長である石井知事、髙木とやま緑化推進機構理事長、村椿魚津市長、五十嵐県議会副議長がスイッチを押し、カウントダウンが始まりました。
設置したカウントダウンボードは、植樹祭らしく県産スギパネルでラッピングしています。また、ジオラマでとやまの豊かな森・川・海や高低差4,000mのダイナミックな自然を表現するとともに、式典会場及び植樹会場の位置と特徴を紹介しています。
お立ち寄りの際には、是非ご覧ください!

【画像】

【画像】


ページトップ