注目情報

一覧へ戻る

開催に向けた取り組み

第68回全国植樹祭200日前カウントダウンイベントが行われました。

第68回全国植樹祭の開催まであと200日となった11月9日(水)、式典会場のある魚津市の市役所正面玄関で、200日前カウントダウンイベントが行われました。
開会にあたり、村椿魚津市長が、イベントに参加してくれた道下保育園の園児に対し、「心に”夢”という苗木を植えて、大きく育ててください。」と挨拶し、園児らは、「ゆめのタネ」という曲に合わせて、元気よくよさこい踊りを披露しました。
その後、園児らと村椿市長、伍嶋県農林水産部長がカウントダウンボードを除幕すると、大きな拍手が起こりました。
また、この日に合わせて植樹祭のラッピングを施したコミュニティバスがお披露目され、県産材で作られた記念乗車券をプレゼントされた園児らが乗車しました。
コミュニティバスは、全路線の9台がラッピングされ、大会までの間、魚津市内を走り、開催機運を盛り上げます。

【画像】カウントダウンボード除幕の様子
カウントダウンボード除幕の様子

【画像】カウントダウンボード
カウントダウンボード


【画像】よさこい踊りを披露する道下保育園の皆さん
よさこい踊りを披露する道下保育園の皆さん

【画像】ラッピングされたコミュニティバス
ラッピングされたコミュニティバス


ページトップ