注目情報

一覧へ戻る

開催に向けた取り組み

第68回全国植樹祭ボランティア委嘱状交付式を行いました。

平成29年4月11日(火)、第68回全国植樹祭の運営にあたり、ボランティアとして協力していただく学生や森林ボランティア等の代表の方々に、委嘱状を交付しました。
交付式では、大会PR・魅力発信・受付案内・会場運営・植樹指導に携わるボランティア代表者6名に石井知事から委嘱状を手渡し、続いて、ボランティアを代表して、富山国際大学3年生の野村俊太朗さんが、「富山にまた来たいと思ってもらえるように全力を尽くしたい」と、全国から招待者を迎える決意を述べました。
今回の委嘱を受け、県内のタクシー約650台にステッカーを貼って大会をPRしていただくほか、高校生、大学生、森林組合及び地元住民などのボランティア約370名に、宿泊施設での受付や招待者送迎バス内での県の魅力発信、式典会場での運営補助、植樹会場での植樹指導などを行っていただきます。

【画像】式の様子
式の様子

【画像】委嘱状の交付
委嘱状の交付


【画像】ボランティア代表者による決意表明
ボランティア代表者による決意表明

ページトップ