注目情報

一覧へ戻る

イベント情報

「ヤマザクラ」の種子採取イベントを開催しました。

6月9日(木)、魚津市の松倉城跡において、第68回全国植樹祭で播いていただく「ヤマザクラ」の種子採取イベントを開催しました。
「ヤマザクラ」は白い花と一緒に赤い若葉が開く美しいサクラです。
松倉城跡には約100本のヤマザクラがありますが、富山県内でこれほどまとまって見られる場所はほかになく、ヤマザクラの名所となっています。
当日は、松倉小学校で、とやま水と緑の大使による全国植樹祭PR、中央植物園の職員や魚津埋没林博物館の学芸員によるヤマザクラや松倉城跡周辺の植物に関する解説などを行った後、松倉城跡で、1人100粒以上を目標にヤマザクラの種子を拾い集めました。
また、来年の本大会まで種子を保存するために必要な処理として、採取した種の周りについた果肉を取り除く作業も体験していただきました。

【画像】とやま水と緑の大使による全国植樹祭PR
とやま水と緑の大使による全国植樹祭PR

【画像】魚津埋没林博物館の学芸員による解説
魚津埋没林博物館の学芸員による解説


【画像】種子採取を行う地元の皆さん
種子採取を行う地元の皆さん

【画像】種子採取を行うとやま水と緑の大使と地元の皆さん
種子採取を行うとやま水と緑の大使と地元の皆さん


【画像】採取したたくさんの種子
採取したたくさんの種子

【画像】採取した種子の保存処理
採取した種子の保存処理


ページトップ