注目情報

一覧へ戻る

イベント情報

「とやまの森づくりフェスタ」を開催しました。

9月17日(土)、県民公園太閤山ランドにおいて「とやまの森づくりフェスタ」を開催しました。
このイベントは第68回全国植樹祭の関連事業として位置付けられています。
当日は、雨の予報で天気が心配されましたが、多くの県民の皆さんのご来場をいただき、盛況のうちに終えることができました。
イベントの模様を以下にご紹介いたします。

【開会】
伍嶋 富山県農林水産部長の挨拶のあと、キャラバン隊隊長の きときと君と、とやま水と緑の大使の 廣田 佳菜 さんによる全国植樹祭PRを行いました。
また、一日安全に楽しく活動していただくために、参加者全員で林業体操を行いました。林業体操は、国有林野事業の現場で、仕事中の怪我の防止や疲労回復を目的に、昭和41年(1966年)から正式に取り入れられている体操で、東京工業大学の教授であった塩谷宗雄氏が考案したものだそうです。

【森づくり体験】
「森づくりボランティアの集い」として、不用木の刈払いや、歩道整備等の林内整備活動を行いました。
また、県産材遊具を通じた木とのふれあい体験や、森林観察会、木工クラフト製作、ツリークライミング等も行いました。

【森づくり技能コンテスト(チェーンソー競技チャンピオンシップ)】
チェーンソーを用いた技能コンテストでは、富山の森づくりを支える林業の担い手たちが高い技術を競い合い、参加者は迫力ある様子に見入っていました。
受賞者への表彰では、廣田大使が介添えをさせていただきました。

【草刈り十字軍の上映会】
森林ボランティアの先駆けとして、43年に亘り有志で草刈り活動を行い、今夏で活動を終えられた「草刈り十字軍」の映画、『草刈り十字軍』の上映等を行いました。

【活動紹介】
森林ボランティアや林業事業体等による展示・物販が行われました。
全国植樹祭のブースにおいては、パネル等による大会PRのほか、大会会場に飾るのぼり旗へのメッセージ寄せ書きを行いました。

【おもてなし】
休憩スペースには県産材を使用したテーブルや椅子を設置しました。
全国植樹祭でも、このような木の温もりを感じるおもてなしを予定しています。

【画像】きときと君・とやま水と緑の大使による全国植樹祭PR
きときと君・とやま水と緑の大使による全国植樹祭PR

【画像】林業体操
林業体操


【画像】森づくりボランティアの集い
森づくりボランティアの集い

【画像】県産材遊具を通じた木とのふれあい体験
県産材遊具を通じた木とのふれあい体験


【画像】ツリークライミング
ツリークライミング

【画像】チェーンソー競技チャンピオンシップ
チェーンソー競技チャンピオンシップ


【画像】チェーンソー競技チャンピオンシップ
チェーンソー競技チャンピオンシップ

【画像】草刈り十字軍の上映会
草刈り十字軍の上映会


【画像】全国植樹祭のぼり旗へのメッセージ寄せ書き
全国植樹祭のぼり旗へのメッセージ寄せ書き

【画像】県産材を使用したテーブルや椅子
県産材を使用したテーブルや椅子


ページトップ